2018年04月29日

母の思い出(5)【「アプレゲール」戦後世代になっちゃった、戦前生まれ:その2】

少し母を思い出しています。
こんにちは
えどけいしょん小僧です。
今回は【アプレゲール】から母の戦後を見ていこうと思います。
アプレゲールについては、Wikiを参照すると
【(太平洋戦争)戦前の価値観・権威が完全に崩壊した時期であり既存の道徳観を欠いた無軌道な若者による犯罪が頻発し、彼らが起こした犯罪は「アプレゲール犯罪」と呼ばれた。また徒党を組んで愚連隊を作り、治安を悪化させた。このような暗黒面も含めて、「アプレ」と呼ばれるようになった。】
とあり「時代の破壊者」としての称号だったのですね。
そりゃあ、従前の価値観には従わなくなりますね。
多感な時期に、世の中全体から裏切られた世代ですから。
この世代が起こす凄惨な事件が沢山あったようです。
その他にも、後の「太陽族」のはしりです。カミナリ族初代(生みの親)の世代でもあります。

母を振り返ってみると・・・
 「みんなと一緒」で満足するな。一番危険な状態だよ。
 出てくる情報には必ず裏の面がある。恣意的な意図や偽りなんか当たり前。
 権威を「見抜く力」をつけなさい。
なんてよく言っていたなぁ。
世代傾向として、自分しか信じられなかった、親さえも信じられなかった世代だったんだなぁ。
つくづく思いますし、本当に逞しい世代だと思います。

しかし、純粋な戦後派ではないんです。
国民学校2年生までは経験しているので、戦前教育の基礎は叩き込まれています。
そこが、この世代が「団塊の世代」とは一線を画す違いなんだと思います。
また、究極のいざ!となると子供なんか「ノー眼チュー」となる、大人の冷たさも知ってます。
しっかりしてるし、依頼心は全く無いし、群れるの嫌いだし(笑)
モノの無い時代を多感な時期で経験しているの強味か、東日本大震災の時、東京の店中からモノが一切無くなっても
「グラマンが飛んで来て機銃掃射するわけじゃないから。火だけ気を付ければ平気」
と、まったく慌てませんでした。
地震や自然災害そのものが怖かった様です。
空襲を受けても全面消えて無くなる事はなく、必ず焼け残る区画があったそうです。
東京でいうと、月島など一角全て残ったそうです。
震災、特に津波には「根こそぎ」だったので、それは驚いていました。
「ありゃあ、助かる方が奇跡だよ」と。

また「赤信号、みんなで渡れば怖くない」が流行ったとき(たけし初期のギャグ、ご存知ですか?!)
「団塊のギャグだなぁ、これは怖い世の中になるなぁ。」
としみじみ言っていました。

はてさて、如何でしょうか。
つらつら書いているだけなので、お恥ずかしい限りであります・・・。
今回は、ここで筆止め。母の思い出は、まだまだ続きます。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

えどけいしょん小僧でした。

【6月10日えどけいしょんトレードマーク(TM)寄席&井戸端カフェ】
皆様のご予約とお越しをお待ちしております。

https://blog.sakura.ne.jp/cms/asset_proxy/a/caresupport47.sakura.ne.jp/sblo_files/edocation/image/E38090E38188E381A9E38191E38184E38197E38287E38293E284A2E5AF84E5B8AD2018E3809120E7B8A6E69BB8E3818DE5AF84E5B8ADEFBC86E4BA95E688B8E7ABAFE382A8E38389E382ABE38395E382A7E694B9-thumbnail2.jpg?1525004326892
posted by えどけいしょん小僧 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183031236

この記事へのトラックバック