2018年05月01日

過剰なまでの「バッシング報道」もう、沢山だなぁ

こんばんは!
今日はちょいと現代の気になる話し。

もう、うんざり。

本質的に話さなければいけない「何か」を紛らわし
隠すためにどんどん出してるの?

そう言いたくなるような毎日の「バッシング報道」連鎖。

その中で、この記事が出てきました。
渡りに船だったので、この記事に乗っかろうと思います。
" target="_blank">
【「バッシング」だけがメディアの使命ではないはずだ】
  (株式会社ホルグ代表取締役社長 加藤年紀)
今の「バッシング」は何も21世紀特有のものではありません。
一番のヒステリー状態で現れたのが・・・
 中華人民共和国における毛沢東「文化大革命」時の大粛清
 スターリン時代のソヴィエト連邦恐怖政治時代
 建国以来の政権交代時毎回「死刑」判決
以上の社会構造的に共通のものだと痛感しています。
何かしらの「大きな動き」がある前に大衆の目をそらすための道具として、背景的に使われました。

今の日本では・・・
バッシングの方が視聴率や報道としての「見栄え」「カッコよさ」が浮き立つと勘違いをしているマスメディア
それに乗っかろうとしている「知識人」や「芸能人」
以上の2つが目立つようになったのかもしれません。
もしかしたら、根は共通かもしれませんね。
一番いろんな勢力が動かしやすい「背景」を、色濃くそれぞれ持っています。

バッシングで隠れているもの・・・

☆彡なんてったって日本の官僚は優秀で真面目です。それは誰が何と言おうと世界一!
☆彡日本の北と東と南西の領土領海の危機は、小さな島々の取合いではありません。いずれもその先にある「大きな島」「大陸」「海底資源」が本命狙い。
☆彡国際政治上で評価されている日本政権を貶める事で「実力行使」のチャンスを狙う勢力

もうはっきりと言わないといけないのかなぁ。

子供たちへの今後の影響、世の中の安定への影響、世界の安定への影響
こういったものを考える時に、批判ばかりでなく
・建設的な意見
・実際の現場での美談
・日本の社会・制度・政治の素晴らしい世界に光る面
・様々な日本人が、様々な時代に、様々な国々で」行い高く評価されている事
・たくさんの埋もれている「地域で行われている画期的な取り組み/人々」の発掘
こういうものに力を入れようよ!!

何処のチャンネルひねっても、どんな新聞・週刊誌を読んでも
そういったメディアが批判する「戦時中の体制翼賛記事」と同じで、
どれも同じ論調、同じソース、背景付き記事(それが自国が他に替わっただけ)

おかしいですよね。
本当に、江戸時代の様な「木も見て森もみる」世の中にしましょうよ。
今は、木も見ず、森も見ず、小さな苔を追いかけて迷う時代のような感じがします。

かなり危機感を覚えています。

今は、極東アジア全体が平和になるチャンス。
この「見かけだけかもしれないチャンス」を、
日本や太平洋各国世界にとって「本当のチャンス」とすべく奮闘するのが
今の日本に課せられた役目ではないかと思うのです。

えどけいしょん小僧でした。

6月11日の古今亭菊志ん師匠の江戸落語会
是非ご予約を!!
本当のエンタテイメントに出会えます!!

https://blog.sakura.ne.jp/cms/asset_proxy/a/caresupport47.sakura.ne.jp/sblo_files/edocation/image/E38090E38188E381A9E38191E38184E38197E38287E38293E284A2E5AF84E5B8AD2018E3809120E7B8A6E69BB8E3818DE5AF84E5B8ADEFBC86E4BA95E688B8E7ABAFE382A8E38389E382ABE38395E382A7E694B9-thumbnail2.jpg?1525004714407
posted by えどけいしょん小僧 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記