2018年04月12日

【第2回えどけいしょんトレードマーク(TM)とは】江戸時代は大衆文化

皆様こんにちは!
今回はきちんと投稿できそうです。
本日はえどけいしょんとは?第2回です。
中世世界で一番大衆文化が爛熟した江戸期の特徴です。

【江戸時代:世界初の爛熟した大衆文化の成長期】

 江戸時代は、「世界初の大衆文化」爛熟の歴史です。
 今でこそ、浮世絵は世界で「芸術」として扱われ、特に葛飾北斎などはイギリスで絶大な人気があり、ロンドンの大英博物館2017年5〜8月の有料展示「北斎 − 大波の彼方へ」の時には、前売りは瞬時売切れ、当日券も大英博物館始まって以来「連日長蛇の列」45分で売切れるほどでした。
 しかし、浮世絵は今でいう所の「グラビア誌」「旅先紹介誌」「漫画雑誌」「エロ本(しかし一番豪華で高かった様です。現代でも一番人気とか)」で、下賤の大衆文化そのものでした。
 同様に、寺社境内で盛んにおこなわれた「落語」や、農業祭事に行われた「神楽」「お祭り」、世界初の回り舞台や落とし込みなどを持った「歌舞伎」など、17世紀から大衆文化の華が各藩で咲き誇りました。
 現在のインバウンドで、中国人旅行者が特に驚くのは、農村部の「美しさ」だそうです。
 こういったところも、大きく関係しているのだと思います。
それでは、また次回に!!

えどけいしょん小僧でした
posted by えどけいしょん小僧 at 11:00| Comment(0) | 江戸時代の仕組み