2018年04月20日

母の思い出(4)【「アプレゲール」戦後世代になっちゃった、戦前生まれ:その1】

こんにちは!
えどけいしょん小僧です。
めっきり春になって・・と思ったら、初夏のような気候になったり。
気候も時代もちょいと激動期、なんでしょうか(笑)
霧島山系の噴火も気になります。
大分の痛ましい土砂崩れの現場、まだ見つからぬ方々・・・。
2018年は地面の下も更に注意が必要かもしれません。

久々の「母の思い出」です。
もう4年になるんですね。「死者は日々に疎し」とはよく言ったものだと思います。
母の姉(叔母)も、2月末にあちらに旅立ちました。
いまごろあちらで、どんな話をしているのやら・・・・・。

昭和12年生まれはちょうど「火垂るの墓」の世代。
戦中の生活を小さな眼で見つめ、戦後の混乱期を生き抜いた「バリバリ戦中世代」なのですが、
「アプレゲール」もしくは「アプレ」と呼ばれ戦後世代扱いだったそうです。
フランスで第一次大戦後に「戦後生まれ世代」を指した様ですが、わが国では昭和20年代後半からよく使われた様です。それが非常に嫌だったそうな。

当時、親(祖父)が戦後の混乱期に三菱銀行を退職し、それまでの優雅な生活から一変。
独立したてで非常に苦しかった様です。
祖父が46〜7の時ですから、なんと今の私と同じです(苦笑)
当時の状況にプラスされるのですから、現代では想像もできない状況でしょう。

転勤先の福岡から東京に戻り、焼け野原の地元日本橋当たりでの生活だったようです。
新制小学校6年生三学期、たった3か月の鉄砲洲小学校(現在の中央区立中央小学校)
それこそ、火垂るの墓をみて自分事の様にいろいろと当時の生活を語っていました。
描かれている時代の雰囲気、自分中心の大人たちやほったらかしの子供たちなど、そのままだったようです。
浮浪児・行倒れ・かっぱらいなど、生きていくので必死の世の中。
今からでは想像もつきません。

また、今までは「欲しがりません勝つまでは!」「一億総玉砕!」の大人たちが、一夜にして「ぜいたくは素敵だ!」に早変わりしたのですから、上の世代や権威に対する不信感は極大。

宮崎駿が「未来少年コナン」で描いたモンスリーの回想「大人たちが勝手に始めた戦争で・・・」と激白するシーンは、オンタイムで見ていた小学生の私には衝撃的でした。日頃の母と重なっていたからです。
私がこの辺のクリエイターにビビッと来るものが多いのは、火垂るの墓の原作者野坂昭如は昭和5年、監督の高畑勲は昭和10年、そして宮崎駿は昭和16年と母の同世代だったからなんでしょうね。

次回は「アプレゲール」も含め、更に言及していきます。

えどけいしょん小僧でした。

6月10日【えどけいしょんトレードマーク(TM)寄席&井戸端カフェ】絶賛前売り中!
【えどけいしょん<img src="http://blog.sakura.ne.jp/images_e/e/F06A.gif" alt="トレードマーク(TM)" width="15" height="15" border="0" />寄席2018】 寄席&井戸端エドカフェ改.jpg
posted by えどけいしょん小僧 at 10:00| Comment(0) | 日記

2018年04月19日

【第7回えどけいしょんとは?】じゃあ、えどけいしょんの活動って何よ(笑)

こんにちは。
えどけいしょん小僧です。
いよいよとどのつまり、このシリーズの最後です。

【えどけいしょんトレードマーク(TM)活動って、じゃあなに?】
 なんやかんや、いろんなことを言いましたが、結局は
「一緒に地域で暮らす事。ちょいとしたおせっかいかもしれないけど、みんなで楽しく、自分らしく生きる」という事です。
 取組んでいるイベント活動・人間関係の構築・地域や企業や様々なひと達をつなぐ仕組みづくりは、
「えどけいしょんトレードマーク(TM)」として江戸時代の「互助・共助」ものを中心としています。
 しかし実は、縄文時代からこの日本では当たり前に行われてきた事なんです。
 それを、「自分ごと」として楽しく解決していく道を、イベントなどを通じて一緒に楽しんでいけたらと思います。

 皆様、最後までお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

 そうそう、6月10日に落語界の輝ける真打「古今亭菊志ん師匠」と落語会と井戸端カフェをコラボした、
業界初!地味に話題騒然!!(笑)のイベント
えどけいしょんトレードマーク(TM)寄席&井戸端カフェ」を開催します。
こちらで事前予約を承っております。
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=61513845102012 
 是非遊びに来て頂けましたら幸いです。

それでは!!
皆様、最後までお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

活動詳細につきましては。こちらを見て頂けましたら幸いです。
ホームページ https://chiikihoukatsu-caresystem.or.jp

 えどけいしょん小僧でした!!OGPImage
posted by えどけいしょん小僧 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸時代の仕組み

2018年04月17日

【第6回 えどけいしょんとは?】ちょっとデリケートなお話

こんにちは!
えどけいしょん小僧です。
ちょいとうす寒いこんな日に何ですが、話の内容はちょっとデリケート。
江戸時代から、いや、縄文時代から脈々と続く我が国の宗教と信仰心についてです。

あくまで一般論なので・・・・ご容赦くださいね。

【世界が克服できない課題 他宗教への非寛容】

 その悲しくも深刻な背景とは・・・有史以来続いている宗教から始まる社会不安です。前述の通り、インターネット特にスマホの急激な発達で、世界中の庶民の日常生活で瞬時のつながりが構築されました。この技術革新は、世界の人びとの相互理解を得て様々な誤解や偏見を解消するかに見えましたが、事実は真逆です。「多くの気づき」を世界中の人々が手にしながら、より深刻化した「対立する」状況も見せているのです。
 
 しかし日本にいると、こういったシビアな問題に出くわす事が・・・世界に比べ非常に少ないのです。
 そして、世界はまさに「驚くべき日本」を目の当たりにします。
 
 世界の驚きの一つは、日本人の年間の行動や人生が、世界中の様々な宗教に彩られている事です。
 正月は初詣(神道・仏教)・節分(仏教)・バレンタインデーやクリスマス(キリスト教)・大みそか(神道・仏教)。結婚式はチャペルや仏前や神道等々、葬式はこれまた人によって多種多様なんて当たり前です。世界の人々から見たら、宗教のカオスです。

 また、国家としても世界中の政府がびっくりしたのが、文明開化以降の日本において、旧帝国陸海軍や自治体の救急隊表示で「赤十字」表示をいち早く採用した事です。いまでこそ国際赤十字運動で「赤十字」はポピュラーですが、太平洋戦争突入時米軍が兵士向けに作成した「汝が敵日本を知れ」映画中でもアナウンサーから驚きの声が上がっています。「ニホンはシントイズム(神道)でキリスト教徒でもないのに、民間から軍隊まで救急隊に赤十字のマークを使っている!」と。あの当時、非キリスト教国家が「十字」を使用するのがかなり奇異に映ったようです。実際、現代でも「国際赤十字・赤新月運動」イスラム教徒の国々で救急隊のマークは「赤新月(Red Crescent)」見た目は赤三日月です。1929年にトルコから始まりました。
 
 もちろん、太平洋戦争の敗戦によって日本が敬虔なキリスト教国家・・・になったわけでもありません。 
 
 じゃあ、日本人は無神論者なのでしょうか。かつてはそう思われていた時期もあったようです。しかし、日本に来た世界中の方々が目にするものは、歴史に彩られた「今でも信仰されている神々や仏様、そして、キリスト教やイスラム教などの人びとも仲良く一緒に暮らしている信仰の国、日本」なのです。

 我が国は縄文の古代から、相対的に宗教にとても寛容な国家です。神道「八百万の神々」の成立(古事記・日本書紀等からの推察)や、明治の神仏分離まで続いた江戸時代までの1000年に及ぶ「神仏習合」など、世界の宗教観と一線を画す融通性を持っています。日本人は、争いの種となりやすい「宗教」を、信仰心で包み込んでしまった民族なのかもしれません。

 世界で起きている宗教の対立は、国家単位の大きなものから小さな日常の生活の中の細かい所まで沢山あります。戦国時代から江戸時代にかけても「宗教」の問題はありました。その代表的な一例として政治的に規制された「伴天連」がいい例です。しかしそれは、植民地化(スペイン・ポルトガルなど)から守る為でした。
 表現は難しいのですが、我が国は太古からどういう訳か「信仰心」を大切にする風土が醸成され、「宗教」を守る事とは異質なものになったと考えられます。

 この「信仰心」という世界の宗教標準ではない「異質なもの」が、世界が求める課題解決につながるものに近いのではと考えています。
 
 信仰心はあっても、組織的な宗教はなんとなく薄くなり、普段の生活にすんなり多宗教を取込んでモディファイする知恵が昔からあって、現代までつながるガラパゴス!とまで言われる固有の文化や風習に結実したのではないでしょうか。
 倭国の末裔たる私たちには、何となく心の基礎の部分に色濃く残っている気がします。
 それが、無節操にも映る「多宗教行事の取込み」が簡単に行えることに、繋がっていると思えます。

 もしかしたら、世界の紛争解決の課題は、江戸時代にその「解答」があるかもしれない。
 今の日本にあるかもしれない。
 その熱い想いも、インバウンドに繋がっている側面の一つかもしれません・・・。

  えどけいしょん小僧でした。

お知らせです。
楽しく「古今亭菊志ん師匠の一流の江戸落語」を楽しんで、そして江戸時代を感じてくだされば幸いです。
https://blog.sakura.ne.jp/cms/asset_proxy/a/caresupport47.sakura.ne.jp/sblo_files/edocation/image/E38090E38188E381A9E38191E38184E38197E38287E38293E284A2E5AF84E5B8AD2018E3809120E5AF84E5B8ADEFBC86E4BA95E688B8E7ABAFE382A8E38389E382ABE38395E382A7E694B9-thumbnail2.jpg?1523926950070
posted by えどけいしょん小僧 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸時代の仕組み