2018年02月21日

東京は雪が降った時に地域が見えるんだなぁ

お久しぶりになっちゃいました!
なかなか毎日更新どころか、週イチ更新もできなくて・・・反省の毎日の今日この頃です。

!近況報告!
いよいよ「えどけいしょんトレードマーク(TM)ケア」地域連携ICTの実証実験が、紆余曲折ながら立ち上がります。
地域活動を盛り込んだ活動としての一環、ITベンダーの為のシステムではない仕組みづくりを目指しています。地域で「分かれてしまった」ピースを1つずつ紡ぎ直す仕組みづくりからのスタートは、課題山積みですが魅力的ですし、やっぱり人生を賭して取りかかれるほど楽しい。

しかし、自分自身の不義理や課題も沢山発見しちゃいますし、新たに生み出してしまったり(´;ω;`)ウッ…
時間をかけてのゴメンナサイ!!も多い今日この頃です。
日々勉強、実行、反省、前進、の繰り返し。
確定申告・決算報告も重なり、心身ともに挑戦の時となっています(笑)

さて、本題ですが今冬期シーズンは東京でも降雪が多い年になりました。

201801雪写真1.jpg


雪に慣れていない街なので、雪が降るとたくさんの気付きが沢山湧き出て見えてきました。
雪って、普段は見えない「その地域社会のキズナ度」を顕在化するんですね。
顕在化するもの・・・それは
「雪かき」
私道・公道・大通りの歩道・・・・・皆様ご経験されたと思います。

このコミュニティでは、こんな感じでした。

201801雪写真3.jpg


201801雪写真4.JPG



自己所有でないアパートの住人の方々も含めたご近所さん総出で雪かきした所と、これから除雪するところ。
除雪途中の写真ですが、たった数十mでくっきりとなります。
因みに、この写真時は除雪されていない所もありますが、この1時間後にはみんなきれいになりました。
こちらの除雪する町会しか写さなかったのですが、除雪されていない地区は、降雪の初動で雪かきしないとどんどん辛くなるし、溶けて固まってアイスバーンになると、もう「ツルハシ持ってこい!!(# ゚Д゚)」になります。
ここで頭にきて、お湯で溶かそうとすると更に凍てついてコチンコチンになり、魔のブラックアイス化です!!
しかし、除雪前後で本当に差が出ます。

201801雪写真2.jpg

この1時間後には、除雪されていない所もきれいに除雪されました。
除雪前後でこんなにも違うのです!!
この町会での「除雪前後写真」がそのまま地域社会のつながり度だと感じました。
実は、この町会、15年前はそんなに雪かきしない一角だったそうです。
だから、雪が降ると日陰ゾーンもあり、もう1週間もコッチンコッチン。
しかも小学校の通学路で、集団登校の集合場所。最初は喜んでいた子供も、カチコチになったら危なくてしょうがなかったそうです。
そこで、近所の数軒がそれとなく降雪すぐに雪かきを始めたのがきっかけで、この町会一角だけは雪が降っても安心できる通りとなったという事です。
公道ですので、区がやるべきだとの意見もあったそうですが、これは「自助・共助でしょう。」という事で、現在に至っています。
「除雪の輪」は、少しづつですが広まっているようです。
この一件のお伺いからも地域互助・共助の考え方の広まりには、多くの時間が掛かるものだと思います。
しかし、別の地域ではさらに一歩進んで、高齢者独居宅の前もご近所さんが除雪する事例を伺っています。
確実に広まっていることも事実です。
滅多に降らないから見える、地域のつながりです。

うちの地域も、しっかりしなきゃ!という事で、鉄平スコップを購入したら全く降らない!!(笑)

えどけいしょん小僧でした。

posted by えどけいしょん小僧 at 09:03| Comment(0) | 地域社会と未来

2018年02月07日

ようやくひと段落・・・と思ったら・・・

更にさらに寒くなりました!
いったい温暖化はどこに行ったのでしょう?!
実は、地球は緩やかに氷河期に向かっているという学説もあるのですが、そちらに軍配が上がるのでは?!
冬型気圧配置が「冬大将軍」到来を告げてますね。過去最強クラスと言われています。

日本海側の皆様、記録的な降雪で交通障害や飲料水の凍結など、日常生活への影響が大きくなっているという報道を見るにつけ、本当に心配申し上げます。
また、中期的に見ても、かつて大阪で建機用/自動車用タイヤチェーンに関わっていたこともあり、ここまで降雪が激化すると各地域の「除雪対策費」が枯渇するのではと気が気ではないです。
東京にいると感じませんが、豪雪地帯ではまさに命綱の費用です。こればかりは公助メインとならざるを得ないですが、今後の自治体財政を圧迫しないか気になります。財政圧迫で、更に「互助・共助」が必要にならざるを得なくなるかもしれませんね。

また、台湾東部で地震があり、震源が10kmと浅い上に近距離で揺れが大きく、建物も倒壊し亡くなられた方、怪我された方がいらっしゃるとの事。ここのところずっと群発していたうえでの大地震。お悔やみを申し上げますと共に、一日も早いご復興を祈念申し上げます。

皆様のご安全と一日も早い復旧・ご復興をお祈り申し上げます。
そして、自分の出来る事をしていこうと思います。

関東周辺も・・・。
自宅練馬の地も、外の水道が完全に凍てつきました。空っ風も元気です。
東京湾岸、霞ケ浦周辺の「中央構造線」最北端地域で群発地震が続いています。
インドネシア地震(1995年)から続く太平洋岸地殻活動の活発化も、東日本震災をはじめ、一向に衰えることなく更に活性化。ここのところ、太平洋湾岸で地震が沢山発生してます。

そろそろかなぁ・・・。
posted by えどけいしょん小僧 at 08:31| Comment(0) | 日記

2018年01月19日

母の思い出 (3) 【 昭和12年気質 】

前回の引続き・・・・
ちょいとあいちゃいましたが。

 元気な頃の母は、病気知らずの医者嫌い。昭和12年気質か全く人の言う事を聞かず、権威が大嫌いな 「 天上天下唯我独尊 」タイプの母でした。

 私は、製薬メーカーに転職してそれなりに疾病や治療について勉強していましたので、多少なりとは母の状態がわかりました。また、実家(現在は創業した一般社団法人の本社)のある練馬区も、駆け出しMR時代の担当先だったものですから、仲良しで素晴らしい腕を持つ先生方も沢山いらっしゃいます。だから、ついつい

「 それだったら、あの先生のところで大腸内視鏡を見てもらった方がいいよ。 」

とか、

「 通院するならば紹介するよ! 」

とか、仲が悪いなりにいろいろと忠告したりしていたのです。
 しかし、それがいけなかったのかなぁ ( 苦笑 )

「 うるさい。医者なら自分で決めていくから。 」

 で、行った先が神経内科!!
 そりゃあないでしょう!? 
 母は 「 切れ痔 」 の診断結果に満足してましたが。嗚呼・・・・・

 なんだかんだ病気治療の事も含め、私も江戸っ子の末裔、様々な些細な事まで気になっちゃう性質なもんですから、ついうっかり余計な事まで言ってしまって、しょっちゅう電話越しで大喧嘩でした。

 しかしそれは、母の生きた時代が作り出した 「 性格 」 のかもしれません。
 
 それまで純粋に信じてきた 「 神国日本 」 が負けるはずもない、鬼畜米英で徹底的に教育されてきたのが、敗戦という日本が始まって以来の 『 パラダイムシフト 』 
 一夜にして、学校の先生たちが

「 今までは軍部の指導で間違いだった。アメリカ万歳、民主主義万歳、今までの教育余くたばれ! 」

 教科書に墨塗り指示を出したのです。
 母曰く、夏休みに入るその日まで事あるごとに

「 そんな姿勢では非国民だっ! 」

「 恐れ多くも ( 全員起立・直立不動・最敬礼 ) 天皇陛下にあられましては・・・ 」

 その掛け声の際につい 「 へま 」 こいて、びびビビビッ ( 母の原文ママ ) と女の子でもビンタを食らっていたそうです。そのおんなじ教師が、180度の大転換!!
 いきなり 『 先生 』 がみんな揃って民主主義教師になっていったのです。
 
 そりゃあ、権威なんて全く信じられなくなります。ましてやその後の二十代前半まで、戦後の苦しい時代が続いたです。自分だけが頼りになっていくのも、今ならよく判ります。

 そんな昭和12年気質、うちの父も ( 苦笑 )

未了
当時を思い出しながら、こんな感じでした・・・と、大いに反省ですね。
この項続きます
  えどけいしょん小僧

posted by えどけいしょん小僧 at 09:43| Comment(0) | 想い出